平成30年度 生活習慣病予防教室
今日から始める がん予防
姿勢を意識した綺麗な身体作りとして
お話をさせていただきました。

2人に1人が、がんになる時代に
身体を動かす機会は増えていますが
「座る」
「立つ」
「歩く」など
毎日繰り返される動作の中に
身体作りを意識して効果をあげていく使い方
をお伝えしました

「座る」
「立つ」
「歩く」は
リハビリで繰り返される動作
日常生活に復帰していく時にも
関わる動作です

私の父が60代に腎臓がんになった時、
普段、よく歩いていた父が、
「リハビリが早かったよ」
そう話していたのを思い出します。

幸福感が高い方は、
寿命も長いそうです。
日々起きることに、笑顔で感謝して
歩みたいと思います。

17名の素敵なご縁
ありがとうございました